スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回 アイマス2プレイ日記 前編

いよいよこの日がやってきました……。
IA大賞グランドファイナルです。
それでは、最後の週を始めたいと思います。

55週目
IA大賞グランドファイナル当日
とうとうこの日がやってきました。
社長によると、ジュピターは本当に解散したようです。
朝の挨拶も終わり、さっそく会場に向かいます。
ー会場にてー
まず、ノミネートアイドルの紹介で、1人ずつ意気込みを言います。
美希「ミキ達ホントに真剣に……、たくさんたくさんがんばったよ。
   だから、ごほうびにIA大賞がほしいな!

響 「もう、ここまできたらジタバタしてもしょうがないし、
   目をつぶってじっと待ってます

真美「んっふっふ~♪日本のみんな!
   IA大賞は真美達がもらったっぽいよー!!

そして、授賞式が始まりました!
まずは、スノーホワイト賞
北東エリアで活躍したアイドルに贈られます。
At Liberty」が受賞しました!つまり自分たちです!!
フォレストグリーン賞
中央エリアで活躍したアイドルは、
マークスマン」でした。残念です…
フェニックスレッド賞
上方エリアで活躍したアイドルは、
マッキー&ニッシー」でした…
ブラックパール賞
西エリアで活躍したアイドルは、
魔王エンジェル」です。さすが常時ランキング1位!
オーシャンブルー賞
南エリアで活躍したアイドルは、
サイネリア」です。さすがはサイネリアですww
そして、最後にIA大賞です!



なんと!!
At Liberty」です!!!
一瞬、目を伺いました…
嬉しくて、泣きそうです!!
真美は驚き、美希は夢じゃないかと疑い、響の目からはが…
本当におめでとう!!
ステージに上がり、
受賞した「At Liberty」から一言
真美「こんなメチャイケな賞を真美達にくれてありがとー!!
   メッチャうれしいよー!!

美希「応援してくれたファンのみんなとか、スタッフのみんなのおかげなの。
   ありがとう、みんな……

響 「(泣きながら)う、うう……。とにかく、その……。
   皆ーっ、ありがとーっ!それだけだーっ!

そして、「The world is all one!!」を熱唱しました!
最後のステージです。
何もせず、ただただ聴き入ってました。

会場の外
4人でこの1年を振り返りました。
響「ケンカすることで分かりあえることってあるよね
始めのころは、本当に大変でした。
響が孤立してしまった時はいつ終わるのか不安でした。
美希「怒ったり、ワガママ言ったり……。みんなゼンゼン遠慮なしだったよね。
   家族みたいな感じだったの

そうです。後半の3人は本当に姉妹のように接していて、
本当に、ユニットとして楽しんで活動してました。
これでプロデューサーはいなくなるけど、
この3人なら、プロデューサーがいなくても、
来年もIA大賞をとり、今度は完全制覇出来るはずです。
色々と話した最後に、今まで支えてくれたプロデューサーに3人から同時に
今まで、ありがとう」と感謝の言葉を貰いました。
この言葉には、胸に込み上げてくるモノがありました……
涙声の真美達と話していると、別れるのが辛いです……

ー 皆と別れた後の帰り道
帰ろうとすると、
先に帰ったはずの真美が残っていました。
さらに、亜美も来ました。
そして、真美が伝えたかったことがあると話し始めました。
ここからはノーカットでお届けします。
真美「あのね、兄ちゃんにはいっぱい迷惑かけまくりだったけど、
   真美、やっと大事なことに気がついたんだよ

P 「大事なこと?
亜美「それってなーに、真美?
真美「うん。中学生になったから、真美も恋愛の1個くらい
   しなきゃダメっぽいって思ってたけど……
   何か、恋愛とかってよくわかんなかったし
   思ってたほど面白くもなかったんだ……

亜美「そうだね……。モテ対決、思ったほどは
   盛り上がらなかったよね~

P 「くっ、あれだけ騒ぎを起こしといてお前達……。
   まあ、中学生で恋愛なんて、まだまだ早いのかもな

真美「そうそう。で、ね……?真美は気づいたんだよ!
P 「何がだ……?
真美「恋愛とかより、兄ちゃんからかってる方が
   100倍面白いってことにだよ!!

P 「そうか、そうか!俺をからかってる方が100倍……?なにぃっ!?
亜美「ええーっ!真美の兄ちゃんってそんなに面白いの?
真美「んっふっふ~♪兄ちゃんの面白さは、
   そこら辺のいじられ系お笑い芸人より数段階上をいってるね!

亜美「数段階上!?も、もう……、そんな高みに?
真美「そう!しかも、真美の兄ちゃんには、
   ボケたり、ツッこんでくれたり、機能マンサイなのだー!!

P (喜べない……。ものすごくホメられてるようだが
   少しも喜べないぞ……!

亜美「そんなに面白いんなら、亜美にも真美の兄ちゃん貸してよー!
真美「えー、それはダメだよー!兄ちゃんは『はりうっど』デビューするんだから!
P 「そうそう……、俺は世界をまたにかける男。銀幕のスターを目指すぜ!
   ……って、ちがーうっ!誰がデビューだ、誰が!
   俺はプロデューサーとして真面目に勉強をだな……

亜美「おーっ!さすが真美の兄ちゃんは面白い返し技してくるねーっ!!
真美「でしょー!ここまで育てるのに1年もかかったんだから!
P 「おいっ!いつの間に俺は真美に育てられたことになったんだ!?
亜美「ねえ、真美ってばー!亜美にも貸してよー!
   たぶん壊したりしないよ?大事に遊ぶからー!

真美「ダメだってば!もー!真美だってガマンしなきゃなんないんだよー!?
P 「亜美も真美も頼むから落ち着いてくれ!俺はオモチャじゃないんだぞ!?
亜美「ちょっとぐらいいいっしょ、真美!お願いっ!
   『はりうっど』に行くまでに間だけでもいいからー!

P (うう、全然、俺の話きいてない……
真美「ゼーッタイ、ダメーっ!
   いくら亜美のお願いでも兄ちゃんだけは真美、ゆずれないよ!

P (2人のかわいい女の子に奪い合いされてるのに
   心踊らないことってあるんだな……

P (でも……
真美「あーっ!今、兄ちゃんこっち見て笑ったっしょ!
亜美「うんうん、笑ったー!
P 「ああ……。真美はやっぱり亜美といる時が
   一番自然で楽しそうだなって思ったんだよ

2人「もー!兄ちゃん、そんなの当たり前に決まってるっしょ!」
P (2人は、ついこの間まで下らないことで争っていたことなど
   すっかり忘れてしまったようだ
   俺が真美に出会った時には、すでに亜美との
   仲違いは始っていたのだが……
   きっと、こうやって楽しそうに話している姿が
   この2人本来の有るべき姿なのだろう

真美「ねえ兄ちゃん!真美達のこと面白いって思ってるんなら
   早く帰ってきてね!

亜美「うんうん!もっと、もーっと!
   面白いこと用意して待ってるからねー!!

P 「ああ!俺も向こうで一生懸命腕を磨いて、
   また2人に会える日を楽しみにしてるよ!

真美「真美もメッチャ楽しみにしてるよー!
亜美「亜美もーっ!
P (少し背伸びしていた2人は本来の自分達を取り戻した
   子供に戻ったわけじゃない……
   きっとこれが成長するということなんだ
   ハリウッドに行ったら、俺も成長できるよう頑張ろう。
   見知らぬ地で何の肩書きもない1人の人間として……


元気いっぱいの双子が戻ってきました!
まだまだ遊びたい盛りなんですねww
今までは、亜美と離れていたけど、
これからは2人でいつも一緒に暴れまわるでしょうね。
1年後、プロデューサーが帰ってきたとき、
亜美真美がどうなっているのか見てみたいです。

では、続きは後半

第12回 アイマス2プレイ日記

どうもです!
2日連続でやるのは久しぶりです。
今回は、少し予定を変更して51~54週目をお届けします!

51週目
仕事は、全国オーディションです。
しかも難易度10!!
1位通過しました!メッチャ嬉しいです!
終わった後、翔太を見かけます。
何やら、冬馬とモメてるようです。
どうやら、オーディションでバク宙に成功したら
髪にリボンを付けさせてくれると約束したけど、
冬馬が逃げてしまったようです。
翔太はイタズラっ子だし、冬馬はなんかカワイイなww

52週目
仕事は、5人ライブです。
ライブは、楽にクリアできるのでいいですね。
ゲストは律子、さんあずささんです。
これで、上方エリアのファンも10万人になりました!
あと、和歌山のお守りを買いました。
ランキングは、3位のままです。
これは本格的にヤバい!?

53週目
次週、IA大賞にノミネートされた
アイドルが全員出場する最高峰のフェス
があるようです!
しっかり準備しろと言われたので、
仕事は、営業レッスンです。
営業はまたも選択肢なしのパーフェクトでした。
団結力が高いとこうなるんでしょうか?
ただ、思い出レベル4には一歩届きませんでした…
レッスンはダンスをやり、イメージレベル12になりました。
夜の「誰が居なくなったでしょう」で初めてミスった…
思ったけど、真美と美希と響の声って聞き分けが難しい組み合わせなのでは!?

次の日、
何やら小鳥さんが慌ただしくしてます。
何があったのか!?
事情は亜美が説明すると言って小鳥さんもどこかに行きました。
そこに、亜美が慌てながら来ました。
話を聞くと、
何と、真美が引退会見のFAXをマスコミなどに送り、
TV局に会場まで用意してもらっているようです。
ええっ!?いきなりどうした!!?
亜美によると、亜美に勝つためにインパクトある事をやって、
男子の気を引かせようとしているらしい…
亜美は自分のせいだと言います。
どうやら、亜美の彼氏が出来たと言ったのはだったようです。
こちらも、真美に負けたくないから…
2人して、やらかしてくれますね…
ひとまず、真美の引退を止めるのが先です!
しかし、会見は始っていました
記者から、
なぜ引退するのか?
何でこのタイミングなのか?
ジュピターに負けるから?
と質問を受けていました。
真美はどう答えるのか・・・
真美「このままいったらジュピターには負けるっぽいかもです。
   だから引退します。
   『双海真美』を引退します。んでもって、これからは
   『新・双海真美』で活動するから応援、よっろー!
    んじゃ、次のフェスで会おうね、バイバイ~!」

なんじゃそりゃ!?
記者もプロデューサーも呆然としてしまいました。
こうして、引退会見は社長やプロデューサーが
謝ることで、一件落着しました。

その夜、亜美と真美と話していました。
真美は、本当に引退するつもりだったようです
IA大賞が終わったら兄ちゃんがいなくなるから…
そんな悲しいことになる前に彼氏をつくって楽しんだほうが良い
と考えたようです。
真美「お別れにただ向かっていくなんて寂しいもん。
   楽しくないよ、そんなの。真美、ヤダよ。うう……」

でも、亜美になんで引退するのをやめたか聞かれると、
真美「会見が始まる前に、やめた後の事を想像したら、
   ぜんぜん楽しくなかったんだもん。
   カレシが何人できたって、アイドルやめるって
   思ったら、ぜんぜん楽しくなかったんだよー!」
真美「真美、もうカレシなんかいらない……。
   みんなといっしょにずっとアイドルやってたいよ!」

これにて、真美の恋愛騒動は終わり、アイドル一筋になりました!!
新・双海真美』の活躍に期待ですww

54週目
仕事は、IA大賞ノミネートアイドルが一同に会する
最高峰のフェスに挑戦です!
ここで、961プロのジュピターと遭遇します。
黒井社長が高木社長を敵視しているのは、
黒井社長が狙っていた女の子を、高木社長にとられたせいだと、
北斗が教えてくれましたww
と思ったら、翔太は、
プロデューサー時代に高木社長に負け負けで、プライドが傷ついたと言ってます。
そして、冬馬は社長に、
765プロは裏で色々汚いことをやっている事務所だから気に食わない
と聞かされたようです。
どうやら、冬馬の言った事以外は合っているようです。
そして、ジュピターとの勝負!
曲は、「The world is all one!!
961は、「Alice or Guilty
結果は、約33000対32000で勝ちました!!!
目を疑うほどビックリして、嬉しかったです。

961プロの方は、
黒井社長が怒っていましたが、
ジュピターの3人は負けを認めたようです。
黒井社長に、「そんな軟弱物はいらん!」と言われ
冬馬が「俺達、961プロをやめる。それでケジメをつけるよ。
と言い、他の2人も同意し、ジュピターは解散しました。
また、黒井社長から優秀なアイドルが離れて行きました。
どこまでも残念な人だ…

真美達の方は、ジュピターがいた事で、競い合えて楽しかったと言っています。
真美は、苦しい戦いの間も心の中で楽しんでたようです。

こんな感じで、今回は終わります。
上方エリアの「歌姫・歌王子フェス」は
難易度9で、思い出持ちの相手だったので諦めました…
大事なフェスの前に負けたくないですしね。

次回は、1周目の最終回となります!!
明日には更新しますので楽しみにしてください。
また、エンディングのネタバレをするので注意してください
自分もどうなるのか楽しみですが、
今の現状は、ランキング3位で、961プロがいないと考えても2位です…
思い出レベルは3、イメージレベルは12、団結力はかなり良い感じです。
ランキングで20位以内に入ったのは2曲。
こんな感じで、IA大賞はとれるのだろうか!?
部門賞もどれだけ手に入るかわかりません…
不安がいっぱいですが、アイマス2初プロデュースを笑顔で終わらせたいですね。
では、また明日!!!

第11回 アイマス2プレイ日記

今回は、46~50週目までをお届けします。
ランキングを上げるため、
レッスンや営業などもやっています。
果たして、ランキングで
ジュピター」や「魔王エンジェル」を抜いて
1位になることはできるのか!?
さっそくプレイしていきます。

46週目
仕事は、全国オーディションです。
オーディションはハイスコアを出して成功!
終わった後、冬馬と出会うけど、なんか機嫌が悪い…
どうやら、ジュピターのメンバーとケンカしたらしい。
プロデューサーに何でケンカしたのか聞かれるも、
あんたには関係ないと言いますが、
うっかり、他の2人にからかわれたと話してしまいました。
冬馬も言ってたけど、プロデューサーはお節介ですね。

47週目
仕事は、営業レッスンです。
営業では、真美を選んだけど、
何も選択肢が出ず、会話を進めるだけで
パーフェクトを取りました!
何じゃこりゃ!?
レッスンはダンスをやりました。
ボーナスまでいき、イメージレベル11になりました。
解散する際に、美希のやる気に満ちた「あふぅ」を聞きました。
実際に聞かないと、何を言ってるか分からないかもだけど、
普段の「あふぅ」とは違った可愛さがありました。

48週目
気づいたら、団結力の●が○(枠)いっぱいになりました!
仕事は、ライブです。
アンコールは、デュオの「Do-Dai」にしました。
これで、首都エリアもファンが10万人を超えました。
あと、最近美希のテンションが高いです。
ここ最近、解散の際のあいさつなど含めて、
リーダーの真美よりも喋ってます。

49週目
仕事は、首都エリアの「歌姫・歌王子フェス」をやりました。
難易度9なので、バーストアピールを3回もやられ、
自分は1回しか出来ませんでしたが、ギリギリで勝ちました!
そして、記者の山原さんも来ました!!
さらに、お守りの応援団長を購入!!!
テンション上がってきた→
ただ、ランキングは3位から伸びる兆しがありません…
どうやったら伸びるんだ?

50週目
仕事は、5人ライブやりました。
49週目に買ったお守りをつけて…
圧倒的じゃないか…
ハコユレ+9.1!しかも-2.0から!!
お守りって凄いですねww
ゲストは伊織やよいです。
50週目と節目の週でしたが、
特にイベントはありませんでした。

ということで、今回はここまでです。
ファイナルまで残り4週となりました。
次回は51~55週目までです。
もちろんファイナルの週もお届けします。
ではでは ノシ

第10回 アイマス2プレイ日記

お待たせしました。
今回は、41~45週目までです!

41週目
今週は、ノミネート発表会があります!
The world is all one!!」を船の上のステージで歌いました。
そして、最後に961プロのジュピターが登場!!
961プロが情報を全く明かさずに隠して、
ランキングで突如現れた人気急上昇アイドルユニット
その、ジュピターの正体を明かしました。
彼らは、「恋をはじめよう」を歌いました。
発売前のPVで流れた曲とは雰囲気が違うけど、この曲も良いですね。
発表会の後、黒井社長に小言を言われるが、
結果で見せればいい」と無視するプロデューサーがカッコイイです。
そして、真美に「みんなでずっと一緒に頑張ろう
と言われましたが、プロデューサーは
ハリウッド留学の事を話さないといけないという事で、
皆を集め、IA大賞の後の事を話し始めます。
ここからは、ノーカットで…
P  「みんなには言ってなかったけど、IA大賞にノミネートされたユニットの
    プロデューサーは1年間、ハリウッドに留学する権利が与えられるんだ」
真美 「はりうっどに…、りゅうがく?それってどういうこと…?」
P  「IA大賞発表後は、皆と一緒にいられないってことだ。
    ハリウッドに行って、色々勉強してくる。
    1年で戻ってくるけど、その後に皆のプロデュースを担当するかわからない。
    IA大賞が終わったら、それっきりお別れってこともあるかもしれない」
真美 「ええっ!?はりうっどってどにあるの?電車で行けるとこ…?」
P  「アメリカだよ。エンターテイメントを学ぶにはうってつけの場所だ」
真美 「真美達はいっしょに行けないの?ついでに、アメリカデビューとか…」
P  「ファンを置いてか?IA大賞が終われば、今よりもずっとファンは増えているはずだ。
    そのファンを置いてでも、アメリカに渡るくらい真美には、アメリカでやりたいことがあるのか?
    特になくてなんとなく行きたいだけなら、ファンに対してすごく失礼なことだぞ」
真美 「それは…、そうだけど!でも…」
P  「なあ、真美。俺は負けたくないんだよ。真美達に…。
    IA大賞に向けて真美達はすごく成長している。そんな真美達に
    おれが負けるわけにはいかないんだよ。プロデューサーとしてもっと上を目指さないとな!
    それがきっと、765プロとしても最善の選択になるはずだ」
真美 「じゃあ…、じゃあ兄ちゃんは大っきくなって765プロに帰ってくるんだね?
    だったら、わかったよ、兄ちゃん…。はりうっど、行ってきていいよ!
    修行してパワーアップした兄ちゃんも見てみたいし、
    IA大賞が終わるまではいっしょにいられるもんね」
P  「とにかく、俺がどこへ行こうが、そんなこと大して重要じゃないんだ。
    1番重要なのは、このユニットでIA大賞がとれるかどうかなんだ!」
美希 「そうだね、ミキすっごくさびしいけど、IA大賞目指して頑張るの」
響  「よし、気持ちよく送り出してやるぞっ!
    IA大賞のトロフィーをお土産に持たせてねっ」
P  「俺はこのユニットの皆をトップアイドルにするためにプロデューサーになったんだ。
    IA大賞、絶対にとるぞ」


真美の「じゃあ…、じゃあ~~」のところは、セリフを是非聞いてほしいです。
真美が突然の事に驚いて、不安がって、
それでも、プロデューサーの真剣な気持ちに、納得する真美の心境の変化が
とても良かったです。
グランドファイナルまで残り14週
後は、突き進むだけです!!

夜の会話では、響が雪歩のモノマネしましたが、
「今、話してる私はだれでしょう?分からなかったら穴掘って埋めてやりますぅ
怖いよ!

42週目
仕事は、営業とレッスンです。
営業では、響の沖縄弁がたくさん出てきました。
いや~、響が可愛いです!
結果は、パーフェクトレッスンでした。

43週目
仕事は、また営業とレッスンです。
今回は、ミキの資金営業です。
営業中に、いきなり着物姿の伊織が出てきたので、
選択肢で選んで、「何でいるんだ?」って聞いたら、
「サービスよ」と言っただけでどこかに言ってしまった…
本当に何しに来たんだ??
でも、いおりんの着物姿は最高でした。
ビジュアルレッスンは久々にグッドでした…

44週目
仕事は、5人ライブです。
ゲストは、真と伊織。今回は来てくれました。
このライブで、北東エリアのファンが10万人になりました。
ライブのあと、青森のお守り購入しました。

45週目
仕事は、北東エリアのフェス歌姫・歌王子フェス」をやりました。
スケジュール選択の際、フェスの枠がオレンジだったけど
何だったんだろう…
結果は、楽に勝てました!

事務所から帰る時、真美があわてた様子で出てきました。
なんと!亜美にカレシができたようです!!
真美も、「超☆ガビーンだよーっ!」とショックを受けてました。
モテ対決」に負けたことがショックのようです。
話によると、ノミネートで落ち込む亜美に、
イケメンの先輩が告白してきた
らしい…
このままでは、諦めない真美は
亜美に勝つため、もっとすごいことをやると言って帰ったけど、
不安だ…

こんな感じで今回は終了です。
メインストーリーだけでなく、真美のストーリーも展開がありました。
グランドファイナルまであと少し、
ランキングは、ジュピターに抜かれ3位になってしましたし、
真美がどうなるかも気になります!
続きは、明日更新する予定です。
よろしくお願いします!

第9回 アイマス2プレイ日記

遅くなりました!
第9回のプレイ日記を始めます!
今回は37~40週目までです。

前回、IA大賞に無事にノミネートされた真美達、
やっとIA大賞のスタート地点に立ったってとこでしょうか?
これから、IA大賞や各部門賞などを目指してがんばります。

37週目
仕事は、5人ライブをやりました。
今回は思い出を使わずにやりました。
SPでは、思い出が消費されるので良くやったことですが
今作では、気にしなくていいので助かります。
ハコユレは+7.9になりました。
そして、ゲストに春香あずささんを呼びましたが、
ゲストがまた来ない…
あずささ~~ん!どこ行ってるんですか!?
ライブ後に、山梨のお守りを購入しました。

38週目
仕事は、まだやっていない難易度8のフェスに挑戦しました。
ぎりっぎりで、勝ちました!
最後のバーストアピールのラスト2くらいで逆転です。
夜は、真のモノマネをするぬーぬー響でした…
モノマネは声優の声が分からないとできないですね

39週目
仕事は、ライブをやりました。
過去最高の+8.1が出ました!
とうとう+8を超えたか~成長してるな~
アンコールの後、ソロライブもやりました。
今回からは、ソロとデュオを選択できるようです。
あと、ソロはリーダー固定なんですね。

40週目
ノミネートの正式発表の日です。
仕事は、全国的に注目度が悪かったので、全国オーディションをしました。
もちろん合格ですww

夜になり、IA大賞ノミネートアイドルの発表会への招待状が届きました!
正真正銘IA大賞ノミネートアイドルなれたわけですが、
同時に、ノミネートされたことで、Pにハリウッド留学の権利も与えられました。
765プロのためにハリウッドに行くことを決めたプロデューサー
つまりは、真美達と別れないといけない…
次週の発表会の後に伝えるようです。
あと、竜宮小町はノミネートされませんでした…
しかし、社長が異例だがもう1年活動を継続すると言われ、
律子も喜んでいました。次回のIA大賞目指して頑張れ!竜宮小町!!

さらにその後、亜美と真美が待ち伏せていました。
亜美との「モテ対決」に決着がついたから、
兄ちゃんの前で仲直りすると真美が言いますが、
どうやら、IA大賞ノミネートしたら勝ちということにしてたようです。
ノミネートされたらモテモテになること間違いなし!って考えだったようです。
これで、「モテ対決」も終わり、元の仲良し双子に戻るかと思ったが、
亜美が諦めてませんでした!
真のモテ対決はこれからだよ!coming soon!
この勝負、まだまだ続きそうです

次回は、ノミネート発表会の41~45週目です。
第1関門をやっと突破し、これからラストスパートです!
次回は、3月10日か11日に更新します…
今月は忙しいです…
FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
PiXIV
応援バナー
検索フォーム
リンク
ブログランキング
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。