スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回 アイマス2プレイ日記 後編

グループイメージレベル:10 できるこユニット  C
ハイスコア:51845PTS  B
楽曲売上トータル:462万4645枚  A
最高チャート順位:1位  S
巻き戻りトータル:0回  S
アイドルアカデミー:フォレストグリーン
          ブラックパール
          IA大賞
総合評価:B

その他の詳細記録
ユニット名:YUTORI ミ☆
ユニットリーダー:星井 美希
ユニットメンバー:双海 真美・高槻 やよい
思い出レベル:3
北東エリア:4万1119人
首都エリア:7万3975人
中央エリア:12万7889人
上方エリア:5万0948人
西エリア:16万3950人
南エリア:8万9599人
全国ファン人数:54万7480人

リリース情報
1st:Do-Dai   チャート51位・最高48位
   売上31万8654枚   ハイスコア42225
2nd:MEGARE   チャート50位・最高21位
   売上44万4730枚   ハイスコア34073
3ed:Kosmos,Cosmos   チャート26位・最高26位
   売上55万7303枚   ハイスコア30013
4th:キラメキラリ   チャート8位・最高7位
   売上87万1843枚   ハイスコア44697
5th:relations   チャート1位・最高1位
   売上188万4203枚   ハイスコア51845

主なコーディネート
衣装:パレスオブドラゴン
アクセサリー:星セット
お守り:あわんこ・むしゃはる

感想
今回も何とかIA大賞をとることが出来ました。
しかも、部門賞を2つ獲得!
売上チャートも1位!!
と、前回よりも良い結果です。
まあ、ユニットレベルは低かったけど…
売上チャート1位は、最後のジュピター戦
ブレークが発生するという奇跡が起こりました。

美希のストーリーですが、前半と後半で大きく変わります。
前半は竜宮小町に勝つために一生懸命な美希の様子を見れますが、
後半は恋する女の子になりますww
そして、ノミネート発表会あたりから
プロデューサーも美希の事が気になっているので、
2人のやり取りが面白かったです。
ていうか、今回のエンディングで恋人になってるなら、
トゥルーエンドはどうなるんだ!?
楽しみですが、出せる気がしない…

こんな感じで2周目が終わりました!
ちなみに、響は現在、あまとうとの嵐のフェスが終わって
少ししたところです。
では、それが終わり次第、第16回をお届けします。
スポンサーサイト

第15回 アイマス2プレイ日記 前編

実は、のユニットを始めて数日後に
美希をリーダーにしたユニットを始めたんですが、
先に、美希が終わってしまいました…

なので、美希のストーリー(前編)と最終結果(後編)をお届けします。
会話の内容や中盤までのストーリーがうろ覚えなので
間違いがあるかもしれません

まあ、ストーリーの流れが分かれば幸いです…

●765プロに行き、担当アイドルの美希に会うため
レッスンスタジオに行ったプロデューサー。
そこには、真面目にダンスレッスンをする美希の姿が。
1度声を掛けられますが、美希は、その後も練習を続けてました。
練習が終わった後、プロデューサーの事をヘンタイと勘違いして殴り倒してしましますww
美希は、気絶した際に出てきたの持ち物から、プロデューサーだと分かりました。
美希とのアイドル活動がスタートしました!

●ある日、プロデューサーが歩いていると美希とあずさが話していました。
まるで姉妹のように話している2人がとても微笑ましいです。
どうやら美希は、竜宮小町に入りたかったようですが、
真面目に活動していない美希を律子は認めませんでした。
そのことで、美希はアイドル活動を真面目にするようになったようです。
あこがれのあずささんや律子、さんに認めてもらうために……

●頑張って活動を続けたことで、竜宮小町に勝った美希は、
律子、さんに認めてもらいました。
ただ、目標を達成してしまった美希は、アイドル活動にやる気が無くなってしまいます
そして、急きょ入った仕事を最後の仕事と決めていました。
もちろん、プロデューサーは必死に説得しました。
その際、プロデューサーの言った
普段の美希も、アイドルしている美希も、昼寝をしている美希も、全ての美希が好きだ
という言葉を告白と受け美希は、
じゃあ、3つともやれば3倍好きになる?
と聞き、これからもアイドルを続けることになりました。
最後に、プロデューサーの事を「ハニー」と呼んで……

●ある日、ショッピングに誘われました。
そこで急にハニーと呼び出した美希に戸惑うプロデューサー
しかし、美希のペースに引っ張られ、雰囲気に流されてしまいます…

●ノミネート発表会が終わりプロデューサーがハリウッドに行くことを知った美希。
そんなある日、またもショッピングに誘われたプロデューサー。
今度はお米1年分を買おうとする美希に、どういうことか尋ねると、
なんと、美希もアメリカに行こうとしたことを明かします。しかも夫婦として!
しかし、プロデューサーがユニットの皆のことも考えろ、と説得し
アメリカ行きは諦めました。
美希は、プロデューサーへ想いは本当だと言い、キス?をしました!
そして、プロデューサーの気持ちも少しずつ美希に傾き始めてました……

●ジュピターとの決戦前に美希から呼び出されました。夜の遊園地に……
そこで、美希は再び想いを告白しました。プロデューサーが好きだと
プロデューサーもその想いを受け言いました「好きだ
そこになんと、ユニットのメンバーが現れました。
美希が、ユニットの皆には隠し事はしたくないからと、呼んだようです。
さらに、遊園地のイルミネーションも輝き始めました!
なんと、あずさと律子も来ており、このために遊園地を貸し切りにしたようです。
こうして、メンバーや事務所公認の恋人になった美希とプロデューサーは
愛の誓いの儀式をし、一緒に夜道を帰りました。

IA大賞受賞後、帰ろうとすると美希が来ました。
美希「あっ、ハニ……、じゃなくて、プロデューサー!
   プロデューサーってばー!」
P 「……あれ、美希!?皆と一緒に帰ったんじゃなかったのか?」
美希「あのね、途中で車からおろしてもらったの。
   プロデューサーとお話しようって思って……」
  「だって、愛の誓いの儀式以来、忙しくて2人の時間
   全然とれなかったでしょ?」
P 「あ、ああそうだな。ジュピターとの対戦から、
   ずっと色々バタバタしてたから……」
美希「ねえねえプロデューサー、今日のミキどうだった?
   かわいかった?カッコよかった?ステキだった?」
P 「そ、そんなたたみかけるようにきかれると困るけど……
   ま、まあ……、うん、そうだな……」
  「美希はかわいくて、カッコよくて、ステキだったよ。
   さすが美希だと思った」
美希「あはっ☆ありがとうプロデューサー!
   今日言われたお祝いの中で一番嬉しいってカンジ!」
  「だってミキ、プロデューサーにほめてもらえるように
   すっごく頑張ったんだよ?」
P 「そうか……。今日のステージはその頑張りがじゅうぶんに伝わる
   素晴らしいステージだったぞ」
美希「えへへ、良かった……。だって、プロデューサーが、
   プロデューサーなのは、今日が最後なんだもん」
  「だから、ミキの成長した姿、キチンと見てもらいたかったんだ」
P 「美希……」
美希「それに、この呼び方も最後かもしれないから、
   記念にいっぱい呼んでおくの!プロデューサー!あはっ」
P (まさか今後は『ハニー』って呼び方で通すつもりか?
   うう、こ、ここはあえてツッコまないでおこう……)
  「と、ところでさ、美希は……」
  「今のユニットをこれからも続けるって言ってたけど
   あれは本気なのか?」
美希「うん、本気だよ!ミキ、まだまだ今のメンバーで
   アイドル続けたいの!」
P 「そうか!YUTORI ミ☆(今回のユニット名)は
   まだまだ可能性のあるユニットだしな!」
  「これからも、美希がリーダーとして引っ張ってくれれば
   さらに成長できるはずだ!」
美希「うんっ!ミキ、最初は竜宮小町を越えたいって思って
   アイドル頑張ってただけだったけど……」
  「プロデューサーや皆のおかげで、今は本当に
   このユニットが大好きだし、楽しいよ!」
  「だから……皆で行けるところまで行ってみたい。
   精一杯やれることやっていきたいの。これからも」
P 「そうか……。美希はまた新しい目標を見つけたんだな。
   何だか胸が熱くなるよ……」
  「それじゃ、美希はこれからもYUTORI ミ☆
   として、日本で活動を続けてくれるんだな?」
美希「うん、皆と一緒に頑張るの!……でも、もしかして
   プロデューサー1人でハリウッド行くの寂しい?」
P 「いやいや、そんなことは気にするな。ハリウッドには
   勉強しに行くんだから、寂しくても仕方ないんだよ」
  「それよりも俺は、美希達を残していくことの方が心配だよ……」
美希「あはっ!ミキ達なら大丈夫なの。だって、ミキ
   やると決めたら必ずやるもん。知ってるでしょ?」
P 「あはは、そうだったな……。
   じゃあ、俺はもう何も心配しないで旅立つよ!」
美希「それでいいって思うな。
   じゃ、心配もなくなったことだから……」
  「ハニーは、ハリウッドに出発するまで、
   これからは毎日、ミキとデートなの!あはっ☆」
P 「ええっ!?俺、海外で生活する準備とか手続きとか
   色々忙しいんだけどな……」
美希「むー。ハニーはミキとの時間が大切じゃないの?
   日本でミキといられる時間、あと少しなんだよ?」
P 「美希といられる時間はあと少しか……」
  「そうでもなくないか?(選択肢・不正解?)
   まだ出発まで何日かあるし……」
美希「何日かなんてすっごくちょっとだよ!
   ミキ的には何週間も何ヶ月も、ずーっと一緒にいたいのに……」
  「今日までミキ、デートしたい気持ちずっとガマン
   してきたんだもん!もう、バクハツしそうなの!」
P 「わ、わかったよ。出発まで出来るだけ美希に付き合うから
   そう興奮するなってば……」
  「で、美希はデートでどこに行きたいんだ?
   希望があれば言ってくれよ」
美希「あ、えっと、あのね、ミキ今まで皆とお仕事で行った色んな所
   ハニーともう1回行きたいな!」
P 「ああ~、日本中、様々な所に行ったもんな。
   で、その中でもどこへ行きたいんだ?」
美希「どこって……全部に決まってるの!
   ミキとハニーの愛の軌跡をたどる旅だよ☆」
P 「ええっ全部!?そんなの回りきれるわけ……」
美希「そうそう、時間が足りないよね。だから、今から
   行っちゃおうか?じゃ、大通りに出てタクシーを……」
P 「こらっ!ちょ、ちょっと待て美希!まずは
   社長や皆に事情を説明しないとマズイだろ?」
美希「説明なんてあとですればいいの。出発の日まで
   1日も放さないからね、ハニー!あはっ☆」
P (うう……。最後まで美希には振り回されっぱなしだ。
   でも、ハリウッドで俺は1人ぼっちなのだから……)
  (美希と過ごした日々の思い出が、きっと、
   これからの俺を支えてくれるだろう)
美希「……あっ!もちろん、ハリウッドから帰ってきたら
   その後も、ずーっと一緒だよ?ハニー☆」
P (……美希を疑うわけじゃない。だが、1年も離れていたら、
   君は俺を忘れてしまうかもしれないな、美希)
  (でも俺は、君と共に泣いたり笑ったりした1年の中で
   かけがえのない、大切なものを見つけた気がする)
  (だから、君が俺を忘れても、俺は大丈夫。
   絶対に!きっと。……たぶん)


   

      ミキ、プロデューサーのこと、忘れたりしないよ。
           待ってるの、ずっと……

第14回 アイマス2プレイ日記

お待たせしました。
アイマス2の2周目を開始します。
では、さっそくスタート!!

何やら、携帯で忙しそうにしている女の子を横眼に、
事務所に向かうプロデューサー。
社長と挨拶をすませ、早速担当するアイドルを決めました。
そのアイドルの女の子と会うために公園へ……
公園に行くと大きな犬がじゃれてきて、
さらに、飼い主の女の子も来ました。
彼女の名は、我那覇 響
そう、今回、自分がこれからプロデュースするユニットのリーダーです!
ちなみに、犬はセント・バーナードの「いぬ美」です。
自分がプロデューサーだと告げると
早速、響から
自分、オナカすいたから、パン買ってきて!
と言われます。
もちろん!よろこんで!!
…………じゃなくて
どうやら響はプロデューサーの仕事が分かってないようです。
プロデューサーは先生のようなものだと教え、
響にプロデューサーの事を分かってもらったところで、
お仕事スタートです!!

営業では、ダンスの振り付けの先生に挨拶しますが、
早く踊りたくて我慢できないようで、
すぐに振り付けを教えるよう頼んでしまします。
ちゃんとあいさつするよう言いますが、
ほとんど変わらず…
先生が呆れて教えるのをやめそうになりますが、
自分の本音を伝え続けるようにアドバイスをしたら
無事、教えてもらえるようになりました。
響は、突き進むようにアドバイスすればいいようです。
あと、我慢してウズウズしてる時の響のモーションが可愛いです!

この後は、1周目と同じなので省略します。

2週目はメンバーを決めます。
メンバーは、やよいにしました。
ダンスイメージの高い3人です。
ユニット名は「FROLICKING」で、
意味は、はしゃぐの進行形です。
軽く挨拶をすませ、
ユニットとしての第1歩を歩み始めました。

こんなところで今回は終了です。
2周目の感想では、イベントが起きた時に更新していきます。
あとは、営業でのコミュも何個か紹介します。
では、前向きで超元気な3人組の活動をお楽しみに!
目指せ!完全制覇!!

アイマス2プレイ日記 まとめ

さっそく「ヤマンチュP」の1周目の活動記録を見ていきましょう!

ユニットのステータス
ユニットリーダー:双海 真美
ユニットメンバー:星井 美希,我那覇 響
ユニット名:At Liberty
思い出レベル:Lv3
グループイメージレベル:超すごいこユニット Lv12

ユニットの記録
1ユニットの楽曲最高売上枚数:289万6048枚
1曲の楽曲最高売上枚数:121万9206枚
楽曲最高チャート順位:2位
1ユニットの最高全国ファン人数:53万9319人
1ユニットの最高エリアファン人数:14万4506人
北東エリアファン人数:約14万人
首都エリアファン人数:約12万人
中央エリアファン人数:約8万人
上方エリアファン人数:約10万人
西エリアファン人数:6万人
南エリアファン人数:7万人
ハイスコア:51252PTS
受賞した賞:IA大賞、スノーホワイト賞
総合評価:B

プレイ環境
・Xboxでの初めてのゲーム
・1周目(クリア済み無し、同時進行無し)
・攻略サイト、ネタバレ情報を見ない
・1発勝負のやり直し無し(タイトルに戻るなど)
・発売前情報による予習はバッチリ!

感想
アイドルマスター2をやっとクリアしました!
最初は、コントローラーのボタン配置が分からなくて
四苦八苦しましたが、10週目くらいで慣れてきました。

まず、ストーリーは、とても面白かったの一言に尽きます。
ストーリー自体が良いのは勿論ですが、竜宮小町やジュピターが良い味を出してます。
ジュピターはもっと悪者っぽくなるかと思ったんですが、
黒井社長を含めて、なんか憎めないですねww
ただ、翔太と北斗の出番が少なすぎです。
真美の個人ストーリーも真美らしいですね。

新たに追加されたシステムも面白かったのですが、
特にユニットステータスや団結力の管理は
アイドルの事をよく考えないといけないので、
より彼女たちが身近に感じることが出来ました。
このシステムに関しての不満は、会話やテンションの繋ぎが
おかしくなる場面があることくらいですね。
例えば、ステージをクリアすればどんな時でもハイテンションですが、
事務所に帰った瞬間ローテンションになるのは、変な感じです…
ローテンションVerのステージも見てみたいですしww
まあ、自分としては、このシステムはあって良かったです。
彼女たちの色々な一面も見ることができます。

ステージの方は、新しいやり方でしたが、
直観的にできるので楽しめました。
ただ、自分としては、3種類のステージは
もっと違いを見せた方が良いと思いました。

次に営業ですが、少し難しくなっていて、
パーフェクトをとるのは困難です。
まあ、それだけ彼女たちのことを考え長らプレイできるから
達成した時の喜びは大きいですね。
不満点は、種類が少ないことです。
やろうと思えば、1周で全ての営業が見れそうです…
室は上がっても量が落ちてしまった感じですね。

レッスンに関しては、最初は簡単になりすぎ
と思ってましたが、他にやることが多いので、
後半は助かりました。
あと、こちらは量が減ったのが逆に良かったです。
強化したいイメージを絞り易いです。

コーディネートに関しては、
量はこれからDLCで増えるし、見た目もかわいいですが、
これまで同様、アクセサリーから髪や衣装が貫通してしまうのは
改善してほしかったです。
これのせいで、コーディネートの幅が狭まってしまいます…
あと、お守りも効果の差が激しいです。
最終的には、2,3個の中から選ぶようになりそうです。

こんな感じで、多少の不満点も書きましたが、
全体的には、かなり面白い作品です。
彼女たちの動きを眺めてるだけでも良いですし、
本当のプロデューサーのようにスケジュールからテンション管理まで悩むのも良い
人によって様々な楽しみ方ができます。
ひとつ言えるのは、間違いなく、買って損はしません!
改めて、アイマスに出会えてよかったと再確認しました。

さて、これにて1周目を終えたわけですが、
2周目以降をどうするか……
考えましたが、今回のように1週ずつ書くことはしません
正直つかれました…
なので、主要イベントがあればまとめて書いていくようにします。
ちなみに、次のユニットは
響、真、やよいにします。
元気に動き回るユニットです。
リーダーは響です。
なんせ、自分の1番好きなキャラなんでww
楽しみです。
次回のプレイ日記の更新は1週間くらいあけてからにします。

第13回 アイマス2プレイ日記 後編

後編では、前回の続きとまとめをお届けします。

ー ハリウッド出発当日 ー
プロデューサーは竜宮小町のみんなと一緒に空港に向かっていました。
しかし、あずさが道案内をしたせいで、タクシーの運転手は頭が混乱、
さらに、車がエンジントラブルになってしまいました。
ひとまずタクシーをスタンドまで運ぶために人手を探します。
そこで、海でたそがれている男に声をかけました。
なんとその男は冬馬でした。
冬馬はタクシーをスタンドに運ぶ手伝いを
快く引き受けてくれました。
プロデューサーは驚いていましたが、
冬馬は言いました。
助けるのは、あんただから…
冬馬は、今まで団結なんかくだらないと思っていたけど、
真美達に負けて、ジュピターに足りないものが分かったから、
感謝しているようです。
もし、冬馬たちにも765プロのようなプロデューサーがいたら……
それは、冬馬も思っていたようです。
竜宮小町の4人も冬馬と会いますが、
律子はイライラしてるけど、
他の3人はいつも通りでしたww
まあ、3人ともあの性格だし、
冬馬の事を嫌ってるわけではないようですね。

空港のロビーにて ー
そして、とうとう搭乗時間になって……
美希「プロデューサー、アメリカのおっきい食べ物食べ過ぎて
   お腹壊したりしないようにするの!

響 「ねえ、かわいい動物見つけたら教えてねっ。
   自分、動物に会いに行くからっ!……あっははは!

P 「ああ、わかってるよ。みんなも元気でな。
   バッチリ成長してから帰ってくるから、
   1年後を楽しみにしててくれ

美希「うんっ!いっぱい成長して、いっぱいカッコ良くなって、
   王子様みたいになって帰ってきてね!

P 「ははっ、ご期待に沿えるよう努力しないとな
真美「あ、そうだ!あのね、兄ちゃんが真美と亜美は
   2人でいるのが自然だって言ってたから……
   真美は亜美といっしょに面白いこと用意するつもりなんだ!
   兄ちゃん、必ず生きて帰ってきてねー!

P 「必ず生きてって、当たり前だろ!?まったく……。
   まあ、また2人に会えるの楽しみにしてるよ!


空港の屋上にて ー
離陸寸前の飛行機に向かって……
響 「あ!あそこに見えるのプロデューサーの飛行機だぞっ。
   よし、最後の言葉、かけてやろう!

真美「兄ちゃん、1年間、ありがとねーーーーーーっ!!
美希「プロデューサーがいなくても、ミキ達
   お昼寝ばっかりしないで、ちゃんとやるからー!

響 「プロデューサー、さよーならー!
   んじちゃーびらーっ!!

真美「兄ちゃん、元気でねー!そんで……本当にありがと。
   真美、亜美と一緒にこれからもがんばるよ!


こうして、プロデューサーはアメリカに旅立ち、
1年間の活動が終わりました。
今回の活動の結果は、

グループイメージレベル
 超すごいこユニット Lv12 B
ハイスコア
 51252PTS        B
楽曲売上トータル
 289万6048枚     B
最高チャート順位
 2位            A
巻き戻りトータル
 0回            S
アイドルアカデミー賞
 スノーホワイト賞
 IA大賞
社長総評
 息の合った、最高のユニットだったな!
 そして、三人とも、君を非常にしたっていたようだね。
 昇格もしたのだし、これからもよろしく頼むよ!
総合評価
 

クリア特典
ポジション変更ができるようになりました。
・ステージ系のお仕事をアイドル達に任せられるようになりました。
・レッスンをアイドル達に任せられるようになりました。
・ステージフォーユー!で使用可能なステージが追加されました。
・「SMOKY THRILL」の楽曲が選択可能になりました。
・「パレスオブドラゴン」の衣装が選択可能になりました。

詳しいプレイのまとめは後ほど「おまけ」記事として上げますが、
初プレイの1周目で、まさかIA大賞をとれるとは思いませんでした。
おそらく好機となったのは、「スーパーブレイク」で2位になった時でしょう。
あれがなければ、第1関門すら突破できていませんでした…
部門賞も1つ獲得できたのはうれしいです。
ただ、首都エリアの部門賞はないんですかね?
せっかく「歌姫・歌王子フェス」を成功のに…
真美のストーリーは、

もともとは、亜美と2人で活動していたが、
何らかの理由で別々に活動している
 ↓
モテ対決のため亜美と別々に活動していた。
 ↓
ノミネートされたから、真美の勝ちと思ったら、
亜美は諦めてない
 ↓
亜美に彼氏ができた!?真美が何か凄いことをしようと考える…
 ↓
彼氏が欲しくて、インパクトを与えるため
引退会見を開くも、引退はじないで活動を続けることに…
亜美の彼氏は、真美に負けたくないための嘘
真美も亜美に負けたくないから引退会見を開いた
本当は、本気で引退を考えていた。
プロデューサーがいなくなるのが悲しいから…
彼氏を作って楽しく過ごそうと考えるも、
アイドルをやってない生活はゼンゼン楽しくないと気づく
 ↓
恋愛はわかんないし、面白くない
亜美と一緒に遊んでいる方が楽しい
仲違いしていた2人は、本来の2人で元気に楽しむ姿に戻りました


こんな感じでしょうかね。
文章にするのは難しいです…

小学生から中学生に上がり、恋愛に興味を持ち始めた
年頃の女の子の心情が描かれたストーリーかな。
普段は、考えるより先に行動するような真美が、
恋愛の事とか色々なことを思い悩む姿を見て、
大人になったなと思ってましたが、やっぱり真美らしくないですねww
恋愛は、背伸びせず、その時が来たら考えてほしいです。
それまでは、亜美と2人で事務所や芸能界で暴れまわってほしいですね。

最後にこの曲を

ジェミー」です。
真美のストーリーをやった後だと、少し聞こえ方が変わります。

では、今回はこの辺で!
感想及びまとめは今日中に更新します。
それで、アイマス2プレイ日記1周目はラストです。
2周目の事はまだ考えてません…
まだ、クリアした余韻に浸ってます。
FC2カウンター
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
PiXIV
応援バナー
検索フォーム
リンク
ブログランキング
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。